トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月31日 (火)

自宅教室「家庭彩園」

Seitobosyuu プロフィールにある通り、ペイントクラフトに作品が紹介されたり、講師の資格があるのだからきっとどこかで教えていたり、自宅教室を持っているんだろうなぁと思われているんじゃないかな。
6年ちょっと前、「Tole studio 家庭彩園」と名乗って自宅教室を5年ほどしてました。生徒さんが持ってくるこれ描きたいに答えたり修正したりの気軽な教室でしたが、合わせて30人ぐらいの生徒さんははあったかしら。子どもの事情でしまに留学する時に今までせっかく来てもらった生徒さんに「ごめんなさい」でいったん教室はヤメになったんです。
またここに戻り、しまにいるうちに講師資格も取ったしで再び生徒さん募集しているのですが、まったく来ません。やる気マンマンが風船の空気漏れみたいにシューっとしぼんでこなくてもまあいいやの今です。子どもが大きくなると地縁を繋ぐのは難しいですね。
それに今は何かと著作権(トールなら教える権利)がなにかとややこしい。私は自分でデザインしちゃうんで問題ない。けどヘンな絵ばかりだからなぁ。どうなるんでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

夏は暑くておひるねこ

Kumonekoうちのネコが昼夜逆転になりました。暑い昼間は寝てやり過ごしています。夜になると活動開始。二階のベランダから出入りするので夜中に出るの、入るというので何回か起こされます。人間では逆転すると困りものだけど、(中学生だと大問題)ネコだとどぉってこともない。ネコは自分の時間で生きているからいいなぁ。

<Painter>

 

Milk これがうちのネコ。名前はみるく。3年前長女が習っている日舞のお師匠さんちから来ました。なかなかイケメンでスタイルもOKなんだけど私のすねを噛みます。悪いのに甘えた、かなりヤンキーです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

初めての梅干し

Umebosi 食品添加物無添加なつれあい言いだしっぺで今年初めて梅の実から梅干しを作っています。

6月中旬、市内の農協の直売所に並んで1kg×2袋だけあったのをタッチで、生協で1kgを買い足して合計3kg買いました。そして本のとうり洗って拭いてヘタを取って琺瑯容器に塩漬け。重しが均等にかかるように落とし蓋と重しのぐわいにつれあいは知恵と力を入れたおかげて梅酢がよく出てます。しその塩もみは私がしました。おばあちゃんの幾度となく「カビが生えるぞ」のおどしははずれて、少しのカビを焼酎でふき取ったぐらいで初めてにしてはうまくいっているみたい。今日は天気が良いのでやわらかくなった梅だけよって干してます。

つれあいがネコを連れて来いと言うので抱いていくと、かごに飛びかからないようにと「教育するんだ」とネコに梅干しを見せていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

梅雨明けにちょうどに描いた絵

Genkihimawari 今のところ封筒の味付けに使うぐらいだけど、イラストを描きためています。プログの制作がひと段落ついたので、久しぶりに描きました。

うちのすぐ横隣りに30㎡ほどの畑があります。そこで一番高いヒマワリが、一週間前の突風でとうとう倒れてしまいました。畑がさびしくなりました。台風4号影響で茎が傷んでしまい、支柱で何とかもたしていたんですが。げんきでいっぱい咲いてほしかったなぁ。

<Painter>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

ことしの暑中見舞い

ちょっと早めに暑中お見舞い申し上げます

Happysummer2007 プログができたことだし、お知らせを兼ねて暑中見舞いを作りました。Illutratorのアピアランスのネタにあのよく窓に貼ってあるくにゃとしたシールをつくってあったのでそれを使うことにしました。しまに居たから船と海が好き。ヨットがいいかな。船内から海を見ているそんなデザインにしました。
丸窓から見える海の写真を撮りに行かなくては。すぐに撮りに行けるのだけど、今は梅雨。青い空、白い雲とはいきません。台風4号の台風一過でやっと録ることができました。まだ台風の名残で海が緑色になってましたので、(台風さなかの瀬戸内はもっと緑の翡翠色できれいです)後で加工しました。向こう岸は淡路島です。壁はペンキを何度も塗り直している感じにPainterで作っております。

<Illustrator+Painter>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

宿題ででじたる色彩計画

色使いの力をつけたいので黒田あつこ先生の教室に通っています。しまに行ってたので行くことかなわずで、今やっと念願の上級カリキュラム習っています。上級となると絵だけではなく、周りを自分で考えて仕上げなければなりません。しかも、腕があるからと、絵が負けてしまう色やデザンにするとペケです。

Panjisetumei ステップルや、ステンシルやでさりげなく仕上げる人が多いのですね。でも、わたしは大胆にもマスキングして塗り分けたらと帰りの電車のホームで急に思ったのです。これは一色ベタ塗りより調整が難しいことになるなぁ。そこでデジカメで撮った写真をもとにシュミレーションしました。今回使用したソフトは                                           Photoshopです。

Panjiclock 実際ベタ塗りに使った色はシルバーセージに暗い色はブルーミスト、明るい色はクールホワイトを混ぜました。アクセントの模様は浮きすぎないようにクールホワイトにほんの少しシルバーセージを加えています。クールに仕上げたいので烏口とドットで仕上げました。
作品のチェックで今までにな作風なので先生を驚かれていたみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

色DATAを使ってみたこと

Fssantacolor 絵の具のDATAの採取がだいたい終わった 去年の11月頃、子供がお世話になったフリースクールからペイントを教えて欲しいと依頼がありました。来週にも生徒を連れて家に来るという、いきなりです。準備期間がありません。そこで完成図と図案をCGで描くことにしました。素材はたまたま安かったのでまとめて買った10㎝四方のホードがあったのでなんとかなりそうです。運よくIllustratorの扱いにもだいたい慣れて、スォッチにアメリカーナの色と色名を登録し終わったところでした。

Fssanta 今度の生徒さんはまったくの初めてだということなのでベースはスポンジで。絵にはペイントの基本だということでストロークを2,3入れました。初級のデザインはいつも難しいです。で、さすがIllustrator、ベースとリースと文字はひとつ描いて色を変えてバリエーションをふたつ描き、スノーマンとサンタとそれぞれにのせました。そこから図案を起こすのも色と線種を変えるだけで簡単にできます。

Fssnowman それで当日本番はというと、インストラクションの半分描けたぐらいかな。上手になることが目的ではないのでかなり描いてあげました。みんな楽しんでくれたようで良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

ほんとはキイロでした

2年とちょっと前、No51に作品をお願いしたい、あまりに唐突なペイントクラフトから依頼でした。こんな私に大仕事のバラの作品が描けるかどうか3日間頭ふらふらになりました。つれあいの「楽しんで描けば」でようやく体勢を立て直した私でした。

イラストの仕事と同じで編集さんとのやり取はFAXです。最初に素材は手鏡、テーマはバラ、レベルは初心者用(ジェード、ハイライトは1回ぐらい、色数も10色程度まで)にとある企画書とインストラクション記入用紙が送られてきました。

Akinobara

思ったよりすんなりラフが通り、作品と、STEP by STEPが描きあがり、ほっとしたところ、編集さんからなんと蝶の色を黄色から青にしてほしいと電話。あーー、ニスを塗っちゃったんだけど!!

なんとか蝶のところだけ細かいサンドペーハーで削ってキタテハをアオタテハに上描きして、全体にニスをかけなおしてのこの事態を乗り切りました。これは描き直す前に撮った貴重な写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初のパソコンで色彩計画準備

去年の秋、せっかく中古でも始めたパソコン(今は春におNEWのVistaパソコン)だから、トールペイントにも役立てたいなぁ…。そこで持っているアメリカーナ(全色)・ジョソーニャ(全色)・セラム(約160色)のRGBのDATAをとりました。

  1. A4のセクションペーパーに一滴色を落として筆尻で1㎝の丸に伸ばしたサンプルを作る

  2. スキャナーでスキャン

  3. Paintのスポイドツールでここぞというトコロを採取

  4. 色ウインドウに数字か出てくる

  5. Excelで作った色名表をプリントたものに記入

  6. それをちまちまと入力

ひと月ちょっとはかかりましたです。

それをモトにしてペンタブレットで描いたラフに塗ってみました。これなら途中で塗り直すこともないだろうし、同じデザインで色違いも簡単になるでしょう。いやなるかな?

Gomicolorplan_2 わたしは途中で色が変になったり、塗り直しとなるとイライラするたちなので、初めから色を決めてかかりたいのです。でも、こうやって決めても絵具では色の出方が違うし素材の形も影響するので微妙に調整しながらなんですけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

トールペイントことはじめ

Photo 文字を描くように絵を描いてる…16年前たまたま見たTVで遭遇したペイントの感想です。そして次に思ったこと、これはPOPに使える…

そのためには「ストローク」とやらの練習をしなくちゃ。でも、当時は専用の道具も絵具もとても手に入りにくい。でも、イラストでアクリル絵の具を使っていたのでメデュームで調整して、筆もアクリル用のを転用して始めることにしました。本は探しに探して北海道にありました。練習は朝暗いうち4時にこっそり布団を抜け出して子供が起きだす7時頃まで。ちっちゃい子供が3人ではとても練習なんてできませんから。ひとつ描いては本と見比べるという地道なことをしていたもんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

使ってます。

Photo_1Photo_3 タツノオトシゴのブラシ立てです。しばらくオイルペイントの教室用に使っていたので少々汚れてしまいました。もとは壊れの見切り品で売られたものです。自分で修復して描けるようにしました。

山村留学では1階でもオーシャンビュー、ここでも2階から海が見えるところに住んでます。もうすぐ夏休み、海水浴場にも近いので家の前の坂を自転車隊が下って行くんだろうなぁ。5月の終わりごろから水上バイクの音はしてます。

だからでしょうか魚や船や海のモチーフを描くことが多いです。私にとっては自然なことなんでしょう。トールぺインターではあまりさかなを描く人はほとんどいないみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

パソコン;CGことはじめ

5年前、島にいた時はちょうどIT、アイテーと賑やかでした。島の小さい中学のパソコンには光ファイバーがつながっていました。学校の出入りは自由でよくいじらせてもらったものです。Windowsのダイタイのことは詫間町のマリンウェーブにある町民開放のITルームとで覚えました。連絡船の出航時間までの時間つぶしにもなりました。少年自然の家のお隣さんがIllustrator 入りのMacをもっていて、ちょっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなわたしです

長らく絵を描いるおばちゃんです。トールペイントの自宅教室をしたこともありました。でも、島に行くので辞めなければなりませんでした。そのほかいろいろ困難が襲っては来るのにめげず、しつこく描いているうちにペイント作品の入選率が上がりだし、とうとう雑誌デビュー、今はたまのペイント作家、イラストレーターをしてます。

去年自治会の役員になり、会員名簿管理用に中古パソコンを買いました。それで絵描き心がさらに揺さぶられ、CGという新しい画材で手を汚しております。POPの続きで始めたペイントが仕事になってしまったぐらいの私です。これまた仕事になってしまうのでしょうか?! ぐらい今は本格的なハード&ソフトでやっています。おかげでセミナー会場は遠くになってしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開です。101号です。

デジタル版、プログで再出発です。なぜ101号からというと、2005年3月まで島暮らしのイロイロをオール手ガキのFAX新聞、「もんしろちょうつうしん―あわてずゆっくりしましょ」を発行していたからです。もっとかき続けたかったのですが、粟島留学制度が打ち切りになり、100号まででやむなく終わりになりました。香川県のHP「シマダス」、四国新聞に紹介されたこともあったのですよ。

それに、最近自分だけの絵が出来てきて、もっと多くの人に作品を披露してもいいかなぁと思えるようになったからです。独学で始めたCGはたったの1年、まだまだ発展途上中です。それでも自分の絵になっているのが面白いので載せることにしました。

プログも初めてでページが崩れることがあるかも、その時は笑って許して下さい。返事が来るとうれしいなぁ。よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年8月 »